円頓寺商店街
円頓寺商店街 posted by (C)佐々張ケン太

四間道明道町と回り、今回はあのアーケード商店街を。
前置きはともかく、いきなり本題へ。


b_simple_114_0L




円頓寺商店街
円頓寺商店街 posted by (C)佐々張ケン太

今回の主役は円頓寺商店街。
実はここ、名古屋でもっとも古い商店街の一つだという。



圓頓寺
圓頓寺 posted by (C)佐々張ケン太

商店街の名前にあるように、元々は日蓮宗長久山圓頓寺(寺院の正式名は旧字体の"圓"であることに注意)の門前町で、実際に寺院は商店街沿いにある。
創建は承応3(1654)年だが、元々は別の場所にあった。
四間道の項でも触れたが、元禄13(1700)年の大火で焼失、現在の場所に再建されたのが享保9(1724)年。



円頓寺商店街
円頓寺商店街 posted by (C)佐々張ケン太

それ以来、五条橋から圓頓寺を通過して江川(現在は暗渠化され名古屋市道江川線)の上畠橋まで西に伸びる道は「圓頓寺筋」と呼ばれ、門前町を形成。
これが商店街の起源だろう。


円頓寺商店街
円頓寺商店街 posted by (C)佐々張ケン太

明治に入り、東海道本線が名古屋まで延伸されると、商店街も江川よりさらに西に伸び(後述する「円頓寺本町」)、現在の名駅近くまで市域が拡大される。
近くに日本陶器(現在のノリタケカンパニーリミテド)や豊田紡績(現在のトヨタ紡績)など工場もあり、市電や瀬戸電も近くを走っていたことで商店街は賑わいを見せるようになる。



円頓寺商店街
円頓寺商店街 posted by (C)佐々張ケン太
円頓寺商店街
円頓寺商店街 posted by (C)佐々張ケン太

商店街には食料品や日用品などを商う店も多いが、工場労働者が仕事を終えて立ち寄る飲食店もも少なくなく、昼夜問わず賑わいを見せたという。



円頓寺銀座街
円頓寺銀座街 posted by (C)佐々張ケン太

その夜の賑わいを物語る「円頓寺銀座街」がアーケードから外れた場所にある。
ゲートには飲み屋ばかり店の名前が書かれている。



円頓寺銀座街
円頓寺銀座街 posted by (C)佐々張ケン太

アーケード街から四間道までL字型の細い通りになっている飲み屋横丁。
近くのノリタケやトヨタといった工場労働者が帰りに一杯ひっかけていたのだろうか。



円頓寺銀座街
円頓寺銀座街 posted by (C)佐々張ケン太

雰囲気を見ると、戦後の赤か青っぽい感じだが、実際はどうだったんだろうか。
一面タイル張りのそそられそうな店構えも残ってるし。







円頓寺本町
円頓寺本町 posted by (C)佐々張ケン太

アーケード街はかつて流れていた江川(暗渠化、現在の市道江川線)を境に、「円頓寺商店街」と「円頓寺本町」に分かれている。
前者が江戸時代から続いた門前町起源だったのに対し、後者は明治以降に名駅付近まで伸びた新興の商店街だった。



円頓寺本町
円頓寺本町 posted by (C)佐々張ケン太

名古屋市街は大半が戦災に遭っているが、この界隈は比較的軽微な被害で済んだ。
だから四間道には江戸時代から残る古い街並みも見られるし、商店街も無事に永らえている。



円頓寺本町
円頓寺本町 posted by (C)佐々張ケン太

さて、現在の円頓寺だが、レトロ好きには格好のシブい街並みといった趣だろう。
どの店構えも昭和年代から変わっていない。



円頓寺本町
円頓寺本町 posted by (C)佐々張ケン太

戦後に入り、モータリゼーションの影響で市電が廃止され、近くの堀川駅まで伸びていた瀬戸電も廃止されて栄起点の「名鉄瀬戸線」となってしまうと、商店街も斜陽化する。
しかし、近くに四間道という町並み保存地区があったのも幸いしているのか、現在はセットで散策コースとなっている感じだ。
あっちが江戸時代の街並みなら、こっちは昭和の街並みである。



円頓寺本町
円頓寺本町 posted by (C)佐々張ケン太

正月ということでどの店もシャッターが下りていたが、主がいなくなった店舗が消えて空き地やら駐車場となり、歯抜け状態になっている。
レトロだけで生き残りを図るのも大変そうだ。



円頓寺本町
円頓寺本町 posted by (C)佐々張ケン太

駅を出て眼前の超高層ビル街から一歩外れただけでこの風景。
初めて訪れる人にはギャップの大きさに驚くこと請け合いだろう。
「円頓寺」「四間道」そして「明道町」、お互い近いのでセットでぜひとも訪れてほしい。


閲覧有難うございました♪ 応援、お願いします<(_ _)>

 ブログランキング・にほんブログ村へ 


bnr02_nブログ王ランキングに参加中!
リンクリックブログランキング