月島202005(0)
(東京都中央区月島「西仲通り」)


世間では”もんじゃ焼き”の町として有名な「月島」。
築地佃島新佃島→月島という感じで歩いて、今回はその最終地だ。


スクリーンショット (218)
スクリーンショット (219)

隅田川の河口部に浮かぶ、佃島と新佃島とは陸続きの埋立地になっているが、元々はそれぞれ水路で切り離されている”島”だった。


スクリーンショット (189) - コピー

昭和12年当時の地図を見ると、確かに「佃島」と「月島」の間に水路が通っているのが分かる。
現在はその水路は埋め立てられてしまい、上空を首都高の高架が通っている。


スクリーンショット (195) - コピー

月島の歴史は明治時代から始まる。
もともと東京湾の埋立地造成は徳川家康の江戸入府当時から行われていたが、明治に入ると隅田川河口改良工事という名のもと、航路の浚渫(しゅんせつ)を目的とした「東京湾澪浚(みおさらい)工事」が進められる。
今回歩く「月島」は明治24年に竣工された「月島1号地」と呼ばれる場所。
以後、月島2号地、3号地(後の「勝どき」)、4号地(後の「晴海」)と続々造成される。
因みに、前回歩いた「新佃島」は明治29年、月島2号地より2年遅れで造成されたものだ。

「月島」という地名だが、元々は「築島」という名前で、後に現在の名前になったという説が有力だろう。
「築地」も「築島」も埋立地を意味する”築”の字が入っていて、「埋立地の島」という意味が含まれている。
では、どうして”月”という文字になったかというと、東京湾内にかつてあった「月の岬」という月見の名所から来ているのではないかという説もあるらしい。


月島202005(1)

最寄り駅の地下鉄「月島駅」は昭和63年に営団(現在の東京メトロ)有楽町線の駅として開業。
昭和47年まで都電が月島を通っていたが、廃止されると地下鉄開通まで交通の便がバスのみという”陸の孤島”だった。
平成12年には都営大江戸線も通るようになる。
月島駅の前には首都高速の高架が通っているが、その下はかつて水路で、初見橋という橋が架けられていた。
現在はその水路が埋め立てられ、交差点の名前として「初見橋」の名前が残っている。


月島202005(2)

月島といえば言わずもがなの「もんじゃ焼き」だが、それを扱う店が集まるのがこちらの「月島西仲通り」と呼ばれる歩道アーケードの商店街。
月島は戦災から免れているので、看板建築の店舗が多く残っている。


月島202005 (1)
月島202005 (3)
アーケードの下はもんじゃ焼きが並んでいるわけだが、上をよく見るといろんな形の看板建築が並んでいる。
今ではもんじゃ焼き屋さんでも、元々はどんな商売のお店が入っていたかがわかる。
元々は月島住民のための生活を支える商店街だったのだ。


月島202005(3)

しかし、その西仲通りの看板建築群も最近は軒並み数を減らしている。
古い商店が解体され、跡地には超高層マンションが建つようになっている。


月島202005(4)

アーケードの下を歩いているとおのぼりさんはどこのお店でもんじゃを食らおうかとしか感がいないが、そもそも観光客向けの食い物になんか眼にも向けない小生にとっては、寧ろ町並みの変化に関心が行ってしまう。
インパクトのあった看板建築が高層マンションに変わってしまったのを知った時は流石にショックだった。


月島202005(5)

西仲通りのちょうど中間あたりにかつての交番が残っている。
関東大震災後の大正15年に建てられたものだが、当時の交番は今よりも小ぶりだった。


月島202005(6)

交番としては廃止されているものの、現在も街のシンボルとして残してくれているのはありがたい。


月島202005(7)

西仲通りから外れると、やはり看板建築の店構えが所々にみられる。


月島202005(8)

銅板葺きの戸袋を持った出桁造りの酒場が肩身狭そうに建っている。
縄のれんがいいねぇ。


月島202005(9)

西仲通りに並行している通り。
どこにでも見られる下町の風景だ。


月島202005(10)

なかなか立派な町家......に見えるが、鳥居のようなものが見える。


月島202005(11)

何とこれ、神社だという。


月島202005(12)

新佃島と同じく月島もまた細路地が並行して通っている。
玄関やベランダが対面し、軒下には植木が並べられている。


月島202005(13)

新佃島も月島も、石川島造船所を始めとする周辺の工場の労働者たちが居住する場所として路地が形成されてきた。
いわば一種の”社宅”のようなもので、路地ごとに一種のコミュニティが形成されていたのだろう。
路地は2.6メートルほどで、井戸端会議できるには十分の幅だ。


月島202005(14)

江戸時代からの漁師町だった佃島と異なり、明治時代の埋立地である月島の路地には井戸が見られない。
造成時から水道などのインフラが整備されていたため、井戸は必要なかったのだ。


月島202005(15)

ところで月島名物のもんじゃだが、その元祖といわれているのが月島の路地にあった駄菓子屋さんが売っていた「文字焼き」だという。
水に溶いた小麦粉を焼いて食べるというシンプルなものだったそうで、「文字焼き」という名前は焼く際に文字や図柄を描いて楽しんでいたところからきているのだという。
「文字焼き」が転じて「もんじゃ焼き」となったというわけだ。

※詳細はこちらのサイトを参照(月島西仲共栄会商店杯振興組合のHPより)。


月島202005(16)

現在の月島もんじゃ焼きは平成になってから、メディアが広める形でブームになったものだ。
月島が”もんじゃタウン”として観光客を呼び寄せていく一方で、昔ながらの風景が少しずつ失われてゆく。
低階層の町家を見下ろす形で巨大マンションが建つ光景は、月島を始めとする東京の下町地域でテンプレ化しつつある。
昭和から平成、令和と年号が変わる中で、こうしたヒューマンスケールな下町風景はそのまま生き残り続けるのだろうか。


(訪問 202005)




今回月島で入ったお店2軒。
おのぼりさん風にもんじゃ焼き屋さんへ入らないところが私らしい(笑)